PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎地方またも地震 消防観測で震度4
 四日午前一時四十分ごろ、市内米山町の聖が鼻の沖合を震源とした地震が発生した。三和町にある柏崎地域消防本部で震度4、県が同じく三和町の総合庁舎内に設置している地震計は震度3を観測した。市内では、柏崎小学校の東運動場で天井板が外れたりしたが、他には特に被害はなかった模様だ。柏崎地方は今年二月二十一日にも、小千谷市付近が震源の地震が起きたばかり。

 新潟地方気象台の発表によると、震源地は北緯三七度三〇分、東経一三八度二四分の日本海で、市内聖が鼻の北約二十キロの日本海。震源の深さは約三十キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4・7だった。柏崎以外の震度は、高柳町、刈羽村、西山町がいずれも3。

 市では地震発生の六分後の一時四十六分に、柏崎地域消防本部で観測した震度4を防災行政無線で一斉に放送。防災計画に基づき、関係部局の係長以上ら百六十三人が防災無線の情報で集まり、被害の有無の確認など情報収集にあたった。

 五日朝からは、教育委員会などの職員が学校や保育所、公民館の状況を確認に回った結果、柏崎小学校の東運動場で、天井の鉄骨格子の間にはめ込まれている建材板七枚が外れたりずれたりしているのが分かった。落下すると危険なことから、早急に修復するとしている。

(1998/ 4/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。