PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
連合メ−デ− 1日に集会と街頭行進
 連合柏崎地協(猪俣哲夫議長)主催の第六十九回柏崎地区メーデーが一日、海岸公園多目的広場を中心に行われる。連合メーデーに衣替えしてから八年目。晴れれば加盟組合員ら約五千人の参加を見込んでおり、年に一度の労働者の祭典を総力を挙げて盛り上げる計画だ。

 今年のメーンスローガンは昨年と同じで、「働くものの連帯で、『ゆとり・豊かさ・公正な社会』を実現し、自由で平和な世界をつくろう」。具体的な政策要求主体のサブスローガンとして、労基法改正『連合案』の実現による労働基準緩和の阻止や、金融不安の解消、年金・医療制度の改革、メーデー祝日化、今夏の参院選勝利など十一項目を掲げた。

 当日は午前九時半から多目的広場で集会を開き、猪俣実行委員長のあいさつを皮切りに、西川市長と関係政党代表ら来賓が祝辞。また例年通りアトラクションも予定しており、今年は大ビンゴ大会と抽選会で「お祭り色」を打ち出す。おなじみのプラカードコンクールも行われる。

 連合メーデーは一昨年から福祉との連携を強めており、会場では福祉作業所「かしわハンズ」のパンや、ミニコロニー「松波の里」の手作り人形などを即売する。

 集会後、午前十一時十分から街頭行進開始。会場からアクアパークわきを通って駅通りを下り、柏崎駅前近くで流れ解散する。

 雨の場合は市民会館大ホールに会場を変更し、行進は中止。天候不順時の問い合わせは当日午前六時十五分以降に柏崎地協事務所(電話22―0505)へ。

(1998/ 4/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。