PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
火災予防運動が9日から 郡病院で10日訓練

 「あぶないよ ひとりぼっちにした その火」をスローガンに、9日から15日まで秋の全国火災予防運動が行われる。運動に先がけ、1日から郡市6保育園の幼年消防クラブ員が「火の用心」を順次呼びかけている。柏崎地域消防本部・柏崎消防署では10日午前9時半から刈羽郡総合病院で消火・救助・救急の総合訓練を披露し、火災予防をアピールする。

 これから冬にかけての季節は、暖房機器を使うなど火災の心配が増すことから、11月9日を「119番の日」とし、毎年この日から1週間の予防運動が展開されている。柏崎消防署管内で今年発生した火災は10月25日現在で前年同期より八件多い42件。ガスコンロやストーブの消し忘れなど、身近な火器でのちょっとした油断が出火に結びついたケースが例年以上に目立つという。

 消防本部・消防署では運動期間中に、危険物を取り扱う施設や大型店の防火査察を実施。いろいろな広報手段を使って「火の用心」を呼びかける。

 10日の総合訓練には署員76人、車両10台に、県防災ヘリの参加を予定。刈羽郡総合病院の地階から出火し、3階、6階、屋上に逃げ遅れた人がいるという想定で、いろいろな機器を使った高所からの救助や、大勢の負傷者を的確に判断するトリアージを行う。同病院でもこの日、独自に避難訓練を行う計画だ。

 なお、幼年消防クラブ員による広報は次の日程で行われている(時間はいずれも午前中)。

▽1日=高柳保育園、門出保育園
▽5日=日吉保育園
▽8日=高田保育園
▽11日=半田保育園
▽15日=枇杷島保育園

(1999/11/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。