PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
全国青年大会に柏崎から2種目出場

 12日から東京都内で開かれる第48回全国青年大会(日本青年団協議会など主催)に、市内からバドミントン男女団体、柔道個人が県代表として出場する。 大会は全国の勤労青年が集まって、体育・芸能文化、意見発表を通して、相互の友好親善などを深めることが目的。大会期間は同日から4日間。本県からは体育の部、文化の部に合わせて23種目に参加する。

 このうち、バドミントンの男女団体では、柏崎市が県大会決勝で白根市を2-1で破り、2年ぶり3度目の優勝を決めて、全国大会出場権を獲得した。メンバーはリケン勤務の竹井一好監督をはじめ、阿部幸人コーチ、富田勝俊、出越悟、佐藤かおり、神田貴子の各選手。「前回はベスト8だったので、今度は全国優勝をねらいたい」と意欲満々。

 一方、柔道個人の75キロ級には、市内西港町、市役所勤務・岡村敬之さん(26)が初出場する。岡村さんは県大会で上越市の選手を1本勝ちで下し、全国大会への出場を決めた。柏崎柔道連盟に所属し、大会を目指して特訓中だ。

(1999/11/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。