PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
工科大2期生の就職苦戦

 市内藤橋、新潟工科大学就職相談室のまとめによると、来春卒業予定の就職希望者253人のうち、10月末で内定を決めたのは191人で、内定率は前年比-16.8ポイントの75.5%となっている。

 同大学には約460社から1600人余りの求人が寄せられた。求人数、求人先の県内外比は、ほぼ前年並み。学科別では機械制御システム工学科で9割が内定を決めたほかは、3科とも7割にとどまっている。

 今年度2期生の就職に向けては、各学科でガイダンス、業界研究などを行ったほか、1期生の在学中、就職活動の体験談などを聴いた。採用枠を充足できなかった企業などから10月以降も求人票が寄せられていることから、大学では個別面談などを通し、残る未内定者の就職あっせんに全力を挙げる方針だ。

(1999/11/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。