PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎公民館が全国優良公民館表彰受ける

 文部省主催の第52回全国優良公民館表彰式がこのほど、東京千代田区の東海大学交友会館で行われ、柏崎公民館が受賞した。市内では昭和51年、旧中央公民館時代に全国表彰を受けて以来、23年ぶり2度目。県内では柏崎だけ、全国では41館が表彰された。

 表彰は事業内容、方法などに他の模範になるような工夫が凝らされ、あわせて地域住民の学習活動に大きく貢献している公民館をたたえている。

 同館は「健やかで心豊かな潤いのある市民生活の創造」を生涯学習推進の基本目標に掲げ、市内24地区公民館とコミュニティセンターの中心施設として連絡・調整に当たってきた。これに並行し、市民の要望に応じて、市職員が出向いて行政の取り組みや専門的な知識などによる話を出前する「ふれあい講座」、2カ所の大学を有する特色を生かして専門的な分野の学習機会を提供する「大学等連携講座」をはじめ、地域づくり講座、寿大学講座などの独自事業に取り組んでいる。

 主催・共催事業は年平均で延べ600回、参加人数は延べ6万人以上。また、約130の登録団体が延べ3500回を超える利用をしているという。

 表彰式に臨んだ西川教育次長は「時代に合わせた新しい人づくり、地域づくりに取り組んだことが評価されたものと思う。これは、柏崎公民館が表彰されたというのではなく、全市の24地区公民館の活動が評価されたものだ。同時に、学習の成果を地域に広げていった利用者の活動のたまものだ」と話した。

(1999/11/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。