PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏農伝統の研究発表会 過去最多の15件

 柏農の校内プロジェクト研究活動発表会が27日、同校体育館で開かれ、過去最多の15グループが研究成果を披露した。最優秀、優秀賞の3件が選ばれ、学校代表として新年度の県大会に出場する。

 校内大会は総合実習、課題研究などの授業、部活動の成果を発表するもので、同校のように生徒会・農業クラブの伝統行事として、生徒の自主運営で大がかりに行っている学校は県内でも少ないという。今年は研究活動の活性化を目指し、より多くの参加を呼び掛けたところ、初めて1日がかりの日程となった。

 各グループとも持ち時間10分で、スライド、パソコン画面をプロジェクターでステージに投影して発表。刈羽農業改良普及センターの池田十六所長ら2人と同校の江頭隆校長ら4人が、内容、発表方法を点数制で審査した。この結果、最優秀には今月19日の県大会で優秀賞を受けた農業科3年で生物工学専攻生らの「ジネンジョ栽培を通して」が選ばれ、優秀賞にはバイテク部の農業科2年生、食品科学科3年生のグループが選ばれた。3年生の研究成果は新年度の県大会へと、下級生に引き継がれる。

 講評では「計画・実行した内容をもっと盛り込むと良い」「パソコンを使った発表が見やすかった」などの感想があり、継続研究による内容の充実に期待が寄せられた。

(2000/ 1/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。