PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西川市長が3選出馬表明

 西川市長は2日午後、市議会2月定例会本会議の一般質問の答弁で、今年11月行われる市長選に3選出馬する考えを初めて公式に表明した。金子錦弥氏(朋友会)がただしたもので、市長は「引き続き21世紀の柏崎市の難関を切り開いていく覚悟」と決意を述べた。

 金子氏は、2期目最後の予算編成を行った市長の見解などをただした上で、「いよいよ11月には市長選になる。2期目の任期もあと8カ月余りになったが、3期目にかける市長の意気込みと抱負を聞かせてほしい」と述べた。

 市長はまず「過去に手がけた8回の予算案の中では市としての考え方など最もメリハリをつけたものと自分では思っている」とし、さらに「議会で十分議論していく過程を見守り、自分自身も引き続き21世紀初頭の柏崎市の難関を、先人の思いと市民の負託を受けながら切り開いていく覚悟をかみしめつつ、11月に向けてあらゆる環境が整っていくよう努力していきたい」との考えを示した。市長選は今のところ、ほかに立候補予定者はいない。

 西川市長は、柏高から慶応大学経済学部卒。昭和58年から市議3期。副議長、議長を務め、平成4年12月、飯塚前市長の病気辞任に伴う市長選に自民・旧民社両党推薦で初当選。8年には自民・旧新進・旧公明三党の推薦を得て再選を果たした。市内大久保2、56歳。

(2000/ 3/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。