PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
小国芸術村友の会で昔話集発行

 小国芸術村友の会はこのほど、同町の昔話74話を収録した「越後小国昔話集・榎峠のおおかみ退治」を発行した。定価は2400円。申し込みなど問い合わせは同会事務局の高橋実さん(小国町上岩田、電話0258―95―2340)へ。

 この昔話集は、高橋さんが昭和30年代に集めた28編のガリ版刷り冊子「小国の昔話その1」と、62年に日本民話の会の民話学校が同町で開かれた際に雑誌「民話の手帖」に高橋さんが追加掲載した話、また町内の社会科教師が収録して町教育委員会が発行した「とんとむかし・小国の昔話・伝説 第1集」や、友の会編集の機関誌「へんなか」の特集で取り上げた話を集大成した。

 タイトルとなった榎峠は、同町と川西町、柏崎市の境にある峠道で、かつては経済の動脈として、さらに小学生の遠足コースとして多くの人に親しまれた。小国の昔話の形を良く示していることから、この話が選ばれたという。また冊子には小国地方の昔語りの概要、同会が主催している「昔話を語る会」について、さらに収録昔話の話者の一覧など資料も豊富に入っている。

(2000/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。