PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ジョイハウスで和太鼓受講生が演奏披露

 ジョイハウス(市勤労青少年ホーム)で冬のヤングカルチャーの1つとして1月から開いてきた和太鼓講座の最終回が21日夜、同ハウスで開かれた。受講生たちが練習成果を威勢よくお披露めし、運動場に太鼓のリズムを響かせた。

 同講座は日本海太鼓(竹田満顧問、霜田和彦会長)のメンバーを講師に、数年ぶりに復活。教則本「鼓夢」に基づき、基礎から練習し、日本の伝統楽器である和太鼓のエッセンスを学ぼうと呼び掛けた。男性3人を含む12人が受講して、相沢宏之さんらから最初は読譜、ばちの使い方などの指導を受けた。続いて「えんま太鼓」(竹田満さん作曲)をもとに、実際に音を出して練習を進めた。

 この日は受講生たちが練習成果を思いっきり発揮して、威勢よく演奏を披露すると、指導の相沢さんは「10回の講座のうち、曲を打ったのはわずか5回だったにもかかわらず、みんな一生懸命に頑張って、よくやってくれた」と合格点。竹田さんの案内で、プロの打楽器奏者として活躍中のヤヒロ・トモヒロさんも会場を訪れ、「なかなかのもの」と聴き入った。

 受講生たちは来月、東本町のオープニングイベントでも披露する予定という。

(2000/ 3/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。