PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山町で工業用水の浄水場完成

 西山工業流通団地の進出企業に給水する同町の工業用水道浄水場が同町妙法寺の町道南慶寺線沿いに完成し、27日、現地で竣工式が行われた。

 施設は鉄筋コンクリート平屋建て約255平方メートル。平成4、5年に掘削した井戸2本から地下水をくみ上げ、沈殿、ろ過する。計画浄水量は日量400トン。電源立地促進対策交付金事業として昨年6月に着工し、12月に完成した。事業費約2億6千270万円。町では昭和62年に団地内に配水管約720メートルを、平成9年に銅ボールなど製造業、ASABA(本社・東京)の進出決定を受け送水管約290メートルをそれぞれ敷設している。

 式には町、議会、工事関係者ら約30人が出席。神事の後、三富町長が通水装置のボタンを押し、配水ポンプを起動させた。同町長は「これを契機に、第2、第3の企業進出を進めていきたい」と述べた。この日は、進出第1号となるASABAの老田光之社長も出席した。工場は試験稼働などを経て新年度に本格操業に入り、6月ごろから全製品の出荷を始めるという。

(2000/ 3/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。