PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎が海開き、マリンスポーツフェスタも

 蒸し暑さの中で7月の開幕となった1日、柏崎観光産業振興協会(土田新吾会長)が主催する柏崎海岸合同海開きの安全祈願祭がみなとまち海浜公園で行われた。今年の海開きは運輸省の「海の旬間」に協賛して開かれる「柏崎マリンスポーツフェスタ2000」(1・2日)と併せて行われたため、例年より活発で華やかな雰囲気となった。

 安全祈願祭では、神事に続いて土田会長が「12の海水浴場と豊富な魚をアピールして上信越道方面の客を増やしたい」とあいさつ。続いて来賓を代表して市の安達助役が「風の陣、えんま市と今年の行事は好調だ。マリンフェスタもすばらしいイベントになることを期待している」と述べた。マリンフェスタに協力するマリンスポーツ財団(本部・東京)からも田村坦士理事が顔を見せた。

 海開きの行事後、マリンフェスタのオープニングランが最速160キロを出すというパワーボート「F3000」やマリンジェット10数台を使って行われ、早くも大勢の観客を魅了した。

 マリンフェスタは柏崎観光産業振興協会と同じ目的で活動している柏崎観光青年クラブ(高野仁司会長)がマリンスポーツ財団とBSN新潟放送の協力を得て行う新しい海のスポーツの祭典。これから毎年、海開きの時期に開催し、定着を図っていきたいとしている。

(2000/ 7/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。