PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
マリンスポーツフェスタ 4万人の観客

 1日開幕した「柏崎マリンスポーツフェスタ2000」(柏崎観光青年クラブなど主催)は2日の日曜日も真夏のような天候に恵まれ、会場となったみなとまち海浜公園周辺は上半身裸の若者や家族連れで終日にぎわいをみせた。初めての開催にもかかわらず両日で観客は4万人を数えた。

 鵜川河口では海のF1と呼ばれるパワーボート「F3000」が爆音をとどろかせながら時速160キロの走行を披露。試乗した人は「ターンするとき風圧で顔がよじれたほど」とスピード感を表現していた。また、全日本ジェットスポーツフリースタイル選手権第3戦には39人が参加し、宙返りやダイビングなど華麗な技を見せ、観客を魅了した。

 一方、ちびっ子とその家族が参加したスーパーキッズボートレースは大人気を呼び、ゴムボートのハンドルを握った子どもたちは、レースのだいご味を満喫。一様に「楽しかった」と笑顔で感想を話した。

 マリンスポーツフェスタは来年以降も柏崎海岸の海開きの時期に合わせて行う予定で、仕掛け人の高野仁司・柏崎青年観光クラブ会長は「新しい形のイベントに育て上げ、柏崎をマリンスポーツのメッカにしたい」と語っていた。

(2000/ 7/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。