PHOTOニュース

1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)


「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)

>>過去記事一覧
知事選へ動き本格化 平山陣営が励ます会へ

 今年10月5日告示・22日投票が行われる県知事選に向けて、柏崎市出身で3選出馬表明をしている平山征夫知事(55)の市内支援団体が本格的に活動を開始し、今月23日には産文会館で知事を励ます会を開くことになった。知事選は今のところ平山氏1人しか名乗りを上げていないが、今後、他に出馬の動きは出ると見られ、選挙戦になることはほぼ確実だ。

 励ます会の開催は、3日行われた柏崎平山征夫後援会(会長・丸山敏彦市議)や自民党柏崎支部、柏崎経済人連盟、熱き心の会柏崎支部など支援団体の会議で合意した。各団体はそれぞれ上部組織と連携して選挙態勢を組むことになるが、できる範囲では 支援の動きを統一したいとして結集し、選挙準備のスタートを切ったもの。連合柏崎地協もこの動きに参加していく見込みだ。

 平山知事は今年2月、県議会代表質問に答えて3選出馬を公式に表明。すでに自民・民主・公明・自由の各党が推薦を決めているほか、社民党も県議団が推薦意見を県連に提出した。

 これに対し、共産党系市民団体が候補者を擁立するとしている。また、県都市整備局長などを務めた小林一三・新津市長の出馬が取りざたされている。

(2000/ 7/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。