PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつりが開幕

 年間最大の市民イベント「ぎおん柏崎まつり」が24日開幕した。初日午後には夏空の下で小学生らが元気にマーチング演奏を行い、夜には民謡街頭流しが情緒たっぷりに踊り絵巻を繰り広げた。民謡の途中では一時無情の雨にたたられたものの、「柏崎甚句」で威勢よく締めくくった。25日は朝から雨降りで天候が心配されるが、同日はたる仁和賀、26日は海を舞台にした大花火大会が予定され、まつりは最高潮に盛り上がっていきそうだ。

 民謡街頭流しは東本町まちづくり事業の道路整備で広くなった通りなどを舞台に、市内の町内会やコミセン、子供会、事業所などから合わせて55団体・約3,200人が集まった。午後7時、まつり協賛会長の西川市長が「恒例のぎおん柏崎まつりがスタートする。20世紀最後のまつりを、市制60周年とともにいい思い出にしてほしい」と力強く開幕を宣言した。

 さっそく「三階節」を皮切りに、「柏崎甚句」「柏崎おけさ」を繰り返し踊った。踊りの波は東本町からニコニコ通り、西本町へと流れていき、そろいの粋な浴衣、はっぴ姿の踊り手たちが返し歌、かけ声、はやし言葉などを入れて、野趣豊かな雰囲気 をかもし出した。中には動物の面をかぶったり、アイデアたっぷりの仮装で踊る姿もあり、沿道の人たちを楽しませた。

 この夜は商工会議所前に設けられたステージで、柏崎民謡保存会を中心に、公募の市民27人が笛のおはやし、歌い手として練習成果を披露し、まつりの盛り上げにひと役買っていた。

(2000/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。