PHOTOニュース

市展のWEB展示場に向け、作品を写真に収める作業を行った伊部さん(右から2人目)、坂田さん(同3人目)=14日、ソフィアセンター (2020/09/30)


柏高生が文化祭で取り組んだ立体作品=東本町1のフォンジェ (2020/09/29)


新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)

>>過去記事一覧
刈羽の住民投票条例請求 2月4日から署名

 東京電力柏崎刈羽原発のプルサーマル(軽水炉のプルトニウム利用)計画受け入れの是非を問う住民投票条例制定を求める村議、村民は13日夜、直接請求の署名活動を2月4日から1カ月間行い、遅くとも6月初旬の投票を目指すことを決めた。

 この日発足した会の名称は「私たちの声を村政にとどける会」(笠原正昭会長)とし、村選管に届け出る請求代表者は笠原会長ら3人を予定している。今後、集落ごとに幹事を置き、署名を集める受任者は200人を、署名は有権者の過半数を目指すことにしている。

 笠原会長(61)は「村にとって大きな問題であるプルサーマルを原点に返って考え、村民の意見を聞いて再確認し結論づけることが必要だ」と述べた。また、活動はプルサーマルの賛否を超えて議論を深め、村民の声を聞くために行うことを確認した。会では27日午後7時半から住民投票制度に詳しいジャーナリストの講演会をラピカで開く。

 一昨年の署名活動で請求代表者を務めた石黒健吾村議(67)は「議会が可決するなら、自分も署名活動をやろうという人が多い。目標の過半数は実現できると思う」と話した。

(2001/ 1/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。