PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
拉致疑惑解決求め今年も署名

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致(らち)疑惑で、「蓮池薫さん・奥土祐木子さんと再会をめざす会」(小山雄二会長)は15日、市内駅前二のイトーヨーカドー丸大柏崎店前で買い物客、えんま市の見物客に早期解決を求める街頭署名を呼び掛けた。

 えんま市での署名活動は4年目。今年も蓮池さんの同級生ら4人が道行く人にチラシを手渡し、「拉致問題の解決を。助けてやって下さい」と訴えた。両親に連れられた小学生が署名に応じ、おこづかいを募金箱に入れる場面もあった。午後6時までの2時間で168人の署名と7,230円のカンパが集まった。

 小山会長は「アメリカ、国連への支援要請が実を結び、明るい材料も見え始めている。事件から4半世紀近く。早くめどをつけたい」と話した。被拉致日本人の救出を支援する全国協議会では昨秋の柏崎に続き、韓国訪問で同国の被害者家族と交流しようという計画がある。16日には新潟市で家族の訪米報告会と歌手・因幡晃さんによる救出の歌の発表会が開かれる。

(2001/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。