PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
貞心尼の遺墨展、20日から

 柏崎良寛貞心会(田村甚三郎会長)が20日から、ソフィアセンターで貞心尼展を開く。遺墨などを一堂に展示するほか、写真展、記念講演も行い、貞心尼の遺徳をしのぶ。

 貞心尼は1798年(寛政10年)に長岡藩士・奥村五兵衛の娘として生まれ、縁あって柏崎の閻王寺で剃髪して仏門に入った。師・良寛和尚と和歌を通して心を通い合わせ、多くの作品を残した。

 同展では軸や短冊、和装本などを展示。また、同会の会員・泉捷司さんが撮影した良寛貞心の歌碑なども出品する。同会では「作品を通して、貞心尼の心を知り、人と人のかかわりの尊さを感じてもらえたら」と話している。

 会期は24日まで、時間は午前10時から午後5時。入場無料。後援は市教育委員会、市観光レクリエーション振興公社、柏崎日報社ほか。記念講演は23日が田村会長の「柏崎と貞心尼」、24日は上越市の良寛研究家・市川信夫さんの「良寛の終末と貞心尼の看(み)取り」。時間は両日とも午後1時半から3時ごろまで。

(2001/ 6/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。