PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
今秋、美空ひばりさん13回忌の芝居とショー

 24日は、昭和を代表する歌手・故美空ひばりさん(享年52歳)の13回忌。テレビ各局で特別番組などが企画される中で、市内では今秋、波乱の人生を芝居とショーで再現する「美空ひばり物語」が市民会館大ホールで上演される。主催は同館など。前売りチケットの発売をこのほど開始した。

 公演の副題は「不死鳥ふたたび」。ひばりさんにふんするのは女優・浅茅陽子さん。実在の人物が、実名で登場するのも見どころで、生涯の友となる雪村いづみさん役には雪村さん自身が出演。ほかに、弟の加藤哲也さんに川崎麻世さん、父・増吉さんに浜田光夫さん、母・喜美枝さん役に南田洋子さんら。

 舞台は3部構成で、第1部は少女時代、本名の加藤和枝から美空ひばりとしてデビューし、歌舞伎座でリサイタルを成功させるまで。2部は歌、映画のスターになり、3人娘を結成。結婚、離婚を経験する青春時代。3部は身内の不幸や病気を克服し、東京ドームで奇跡のカムバックを遂げるまでを描く。

 柏崎での公演は9月23日、開演は午後1時。入場料は5千円(当日500円増)。舞台終了後に、「SEA YOUTH 雷音」で夕食と入浴が楽しめるセット券は8千円で、限定40枚。チケットは同館、産文会館、雷音、グッディわたじん、イトーヨーカドー丸大、尚文館で取り扱い。

(2001/ 6/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。