PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ターシャ・チューダーの世界展が6日から

 アメリカで人気の高い絵本作家のターシャ・チューダー(1915―)の絵本原画、日用品などを集めた展覧会「ターシャ・チューダーの世界展」が6日から、ソフィアセンターで開かれる。全国8カ所の開催で、主催は市、市教委。協力は柏崎絵本の会。初日午後には記念講演も行われる。

 ターシャ・チューダーはバーモント州の村で18世紀の農家を模した家に住む。自然の中でガーデニングをし、家畜に囲まれ、創作活動を続けている。1938年の処女作「パンプキン・ムーンシャイン」以来、60年あまりに出版された本は80冊以上に及ぶ。中でも、代表作「コーギビルの村まつり」は生きる喜びに満ちた作品として知られる。

 同展には絵本の原画65点をはじめ、19世紀初期の調理器具、部屋をともすろうそくの台、バタースタンプなど日用品の数々。ターシャ・チューダーの手によるドールハウスやドレス、コーギー犬のぬいぐるみなど総数で150点以上が並ぶ。同センターでは「生活の便利さ、スピードが追求される中で、私たちが失った心の豊かさを感じてほしい」と話している。

 併せて、生活ぶりを紹介したビデオを随時、ハイビジョンホールで上映する。展示は22日(15日は休館)まで、時間は平日が午前10時から午後9時(入場は午後8時半)、土・日・祝日は午前10時から午後5時(同午後4時半)。入場料は大人が500円、高校生が300円、中学生以下は無料。身障手帳等の提示者は無料、介助者は半額。

(2001/ 7/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。