PHOTOニュース

復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)

>>過去記事一覧
英語スピーチで柏高・松井さんが長岡市長賞

 国際ソロプチミスト長岡など主催の第7回高校生英語スピーチコンテストがこのほど、長岡中央図書館で開かれた。柏崎から出場した柏高3年・松井寛子さんが最高の長岡市長賞に輝いた。

 コンテストは日本と世界の「子供、いのち、くらし」をテーマに、英語のスピーチを通して自分の周りの問題点、課題を語り合い、自分たちに出来ることは何かなどを考える機会にした。ほかに国際ソロプチミスト柏崎などが主催し、20人が出場した。

 松井さんは「人が人を好きである限り」の題で、昨年夏に行ったイギリスでの体験を語った。松井さんはホストマザーや多くの人たちとの出会いから「世界はすごい速さで変化し、争いや人が人を殺し合うことが絶えない。しかし私は人が人を好きである限り共に平和に暮らせる日が来ると信じる」と英語で発表した。 最高の賞を射止め、松井さんは「私にとって、英語は夢の1つなので、今回の受賞でまた少し未来が開けたような気がした。今まで以上に、これからもたくさんの人と出会い、多くのことを経験すると思うが、その時々でベストを尽くしたい」と話した。

 柏崎関係では常盤1年・山崎由佳さんが「友だちとともに成長する」との題で発表して、努力賞を受けた。同行した市内のソロプチミスト会員らは「みんなが一生懸命練習した成果がよく表れ、スピーチ、内容ともよかった」との感想を寄せた。

(2001/ 7/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。