PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
西山町民劇団が秋に新潟公演

 秋を中心に県内各地で行われる県民文化祭(同実行委員会主催)の一環として、10月7日、新潟市民芸術会館「りゅーとぴあ劇場」で行われる「創作演劇を観る会」に、西山町の町民劇団「西山かたくり一座」(駒谷正義座長)が出演することが決まった。

 かたくり一座は1998年に発足し、同年と99年、藩政改革を勝ち取った農民運動の史実を描いた「天明義民伝」を地元で上演した。座員は約100人。町外公演は初めてだ。新潟市で上演する2作目の「恋の懸橋(かけはし)」は同町石地に伝わる民話を基に、1作目と同様、脚本家の石堂秀夫さん(東京都在住)が書き下ろした。1幕8場、約1時間。出演はコーラスを含め約50人。昨年秋、石地コミュニティセンターと西山ふるさと館で上演した。

 県民文化祭は12月まで合唱、洋舞踊などの発表会、演奏会、フォーラムなどを行う。創作演劇の公演は2年に1度の開催で、今回はかたくり一座と西頸青海町の劇団「きらら」が出演する。かたくり一座は秋の本番に向け、7月からけい古に入る。先月末にはメンバーらが会場を下見し、改めて発生練習の必要を感じた。駒谷座長(50)は「県民文化祭とのタイアップでプレッシャーと同時に晴れがましさもある。ぜひとも成功させたい」と話している。

(2001/ 7/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。