PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ぶどう村が新商品「柏崎わいんセレクト」

 市内芋川、柏崎ぶどう村が本格的な夏の観光シーズンを迎え、16日から新商品「柏崎わいんセレクト」の発売を開始する。これに先立ち、12日には産文会館会議室で酒販店、飲食店関係者を招いて、試飲会を開いた。

 新発売のワインはぶどう村・ワイナリーで醸造した白・赤・ロゼの3タイプ。リースリング、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどを使った手ごろな価格のレギュラーワインで、720ミリ(1,000円)、360ミリ(560円)がある。

 会場を訪れた酒販店の女性(52)は「フルーティーな味わいだ。ラベルが柏崎らしい落ちついた感じで、お土産用にもいい」、同業の男性(40)は「おいしい。ワイナリーの醸造技術が着実に上がっていることを感じさせた」と語った。飲食店の女性(57)は「1回で飲みほせる小びんが手軽で気に入った」と3つのタイプを試飲した。

 ぶどう村の鈴木峻二支配人は「多くの市民から親しまれ、夏の観光柏崎の土産品としても、ぜひ定着してほしい」と話し、今月下旬に発売を予定している「綾子舞の郷(さと)」の小びん(375ミリの赤・白・ロゼ)とともに、暑い夏に期待を寄せた。

(2001/ 7/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。