PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
よさこいの輪広がった、どんGALA!祭

 市内外の16チーム、約600人が参加した第2回「どんGALA!祭り」(同実行委員会主催)が20日、みなとまち海浜公園内の3つの会場でにぎやかに開かれた。

 この祭りは札幌で爆発的な人気を得ている「YOSAKOIソーラン踊り」を模して始まったもの。炎天下にもかかわらず、各チームが午後2時半からエネルギッシュな演技を披露。さらに夜半まで懇親会や共通踊りなどで「よさこい」ならではの交流の輪を広げた。

 各チームの交流会では「ぎおん柏崎まつりに合わせて市内中心部で踊ってみたい」「今度は本場(札幌)からチームを招待しては」という積極的な意見が続出。石口 博実行委員長のいう「日本一小さなよさこい祭り」は、柏崎の夏を彩る一大イベントに成長する可能性が出てきた。

 石口実行委員長作曲・池田純子副実行委員長振り付けの共通創作踊り「ARABU・No.1」も今回、初めて披露された。県内の民謡がふんだんに取り入れられた情緒豊かな踊り。これを核に県内各チームとの交流を深めるとともに「民謡王国新潟県」の名前を全国に広めていきたいという。

 今年は、よさこいチームのほか、新潟市のはしご乗り「一番会」、柏崎トルコ文化村民族舞踊団「ムルバイ」も特別出演し、祭りを盛り上げた。

(2001/ 7/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。