PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
2巡目国体、柏崎で4競技

 2009年に本県で開かれる第64回国民体育大会で、夏季・秋季38競技のうち23競技の会場市町村が30日、県準備委員会から発表された。柏崎刈羽地区では水球、ハンドボール、卓球、なぎなたの4競技が行われる。

 会場は夏季の水球が柏崎アクアパーク、ハンドボールが市総合体育館、柏高体育館、ラピカほか上越地区の3市町村、秋季の卓球が市総合体育館、なぎなたがラピカ。卓球は、剣道と並び最も多い13市町村から開催希望が出されていた。柏崎卓球連盟では「ジュニア選手の指導による全国クラスの選手育成、大会運営の組織体制が評価された」と喜びを語った。

 残りの15競技の会場は競技団体、市町村などと協議、調整を進め、2002年3月をめどに決定する。

(2001/ 7/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。