PHOTOニュース

復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)

>>過去記事一覧
ソロプチミスト柏崎が元気館に「からくり時計」

 国際ソロプチミスト柏崎(田村淳子会長)がこのほど、認証十周年を記念して市内栄町の元気館に「からくり時計」(150万円相当)を贈った。贈呈式で田村会長は「子供たちの心に美しい夢を育ててほしい」との願いを託した。

 ソロプチミスト柏崎は1992年、世界120カ国以上が参加する奉仕団体・国際ソロプチミストの日本東リジョンから、県内では5番目のクラブとして認証を受けた。以来、「思いやり・支え合い」をテーマに、奉仕の尊さを心に刻んで活動を進めてきた。

 寄贈された「からくり時計」はCDに収録されたロンドンフィルハーモニー管弦楽団による純正律の伴奏が流れ、4体の人形が14本の棒鈴を実際にたたいて演奏する。曲目は「メヌエット」「聖夜」「グリーン・スリーブス」など十曲が収められている。

 子供たちの贈り物にしたいという会員たちの気持ちに、西川市長は「たくさんの人から関心を持って、『からくり時計』を見てもらい、元気館のシンボルにしたい」と感謝した。

(2001/ 9/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。