PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
教育センターがリニューアルオープン

 市内若葉町、柏崎情報開発学院跡で15日、市立教育センター(竹田基所長)が業務を開始した。小倉町地内にあった旧教育文化センターが移転して機能充実を図り、教育に関する専門的な総合センターとしてリニューアルオープンした。

 旧教育文化センターは1989年、それまでの視聴覚ライブラリー、青少年健全育成センター、科学技術教育センターを統合して発足。98年の機構改革で「教育研究部」「教育相談部」「情報教育部」「科学技術教育部」「庶務部」の5部門に再編成した。

 移転先の情報開発学院跡は敷地約3,305メートル、建物延べ約2,729平方メートル。学院の閉校に伴う活用策として内部の改造工事を行い、主に、従来不足していた教育研究、相談部関係の施設を新たに整備した。これにより旧センターでは11室だったものが、倍以上の24室を数える。

 中でも、プレールーム、個別学習室、教育研究室をはじめ、電話相談室、多目的研修室、科学作品展示室、科学実習室、教材作成室などが新たに整えられた。また、不登校児童生徒などを対象にした適応指導教室・ふれあいルームはグンと広くなった。併せて、柏崎教科書センターは柏崎小内から、市小中学校PTA事務局も小倉町地内からそれぞれ移転した。

 同センターでは「相談、科学、情報などの総合的な機能が整った」とし、「ぜひ気軽に利用してほしい」としている。

(2001/10/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。