PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
国体陸上100メートルで渡辺選手優勝

 第56回国民体育大会秋季大会(新世紀みやぎ国体)の第3日目の15日、宮城県利府町のグランディ21宮城スタジアムで行われている陸上競技の少年女子B(高校1年生以下)100メートルで松浜中3年・渡辺梓選手が12秒35で優勝した。

 渡辺選手は予選で自己新記録の12秒32をマークし、準決勝でもさらにタイムを縮め、県中学新記録の12秒23のトップタイムで決勝に進んだ。向かい風0.5メートルの中で行われた決勝では好スタートを切り、2位の丸山舞子選手(鹿児島南高)に0秒08差をつけゴールした。

 決勝進出を目標にしてきた渡辺選手は「高校生もいたので1位の結果にびっくりした。合宿で練習してきたスタートダッシュがいつもより良く、レース中は周りを気にせず、ゴールを目指して走った。県チームのムードがよく、皆さんのおかげで力以上のレースができた」と喜びを語った。また松浜中陸上部顧問の吉田和則教諭は「課題だったスタートダッシュを克服し、持ち味の後半の伸びを生かせることができた」とレースを評価した。

 渡辺選手は今年の全中陸上女子200メートルで苦手なコーナリングを克服して県中学記録を更新、25秒05で2位に入った。9月に行われた国体県予選100メートルでは、追い風参考記録ながら12秒13で1位となり本選出場を決めた。

 松浜中の大谷真校長は「全職員が決勝をテレビで見ていて、素晴らしい走りに感動と興奮に包まれた。よく頑張った」と喜んだ。また、渡辺亘・柏崎陸上競技協会長は「中学生の優勝は近年にない快挙。今までの強化練習の成果が表れた」と話している。

(2001/10/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。