PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏刈のコメ作付け、1位コシヒカリが7割

 新潟食糧事務所柏崎支所はこのほど、2001年産水稲うるち米の作付け状況(上位10品種)を発表した。柏崎刈羽の作付け面積1位は9年連続のコシヒカリで、3,313ヘクタール、シェア72.5%。新品種こしいぶきは99ヘクタールで4位となり、シェアは2.2%だった。

 これは10アール(一反)以上を作付けする柏崎刈羽の農家が申告した面積を集計したもの。コシヒカリのシェア72.5%は前年対比1.3ポイントの増加。2位は3年連続のゆきの精で630ヘクタール、13.8%(前年比0.6ポイント減)、3位は越路早生(わせ)203.96ヘクタール、4.5%(同2.1ポイント減)となっている。4位のこしいぶきより下は、醸造用の500万石、ひとめぼれ、ひだほまれ、わせじまん、トドロキワセ、あきたこまちーーと続く。

 県全体ではコシヒカリが1位で作付け面積は93.185ヘクタール、シェア82.2%(同1.1ポイント増)。2位・ゆきの精、3位・ひとめぼれ、4位・五百万石、5位・あきたこまちだ。こしいぶきは6位で、1,042ヘクタール、0.9%となった。

(2001/10/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。