PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
刈羽村100周年で「べとリンピック」

 刈羽村の村制施行百周年記念事業の最後を飾るイベント「おらが村のべとリンピック」が27日、役場隣の田んぼで行われた。宝探しやドッジボールなどに子供から大人まで延べ約500人が出場し、泥だらけになって秋の1日を楽しんだ。同夜は新たな村史に願いを込めて101発の花火を打ち上げる。

 イベントは民間中心の若手ボランティアなど約50人でつくる百彩実行委員会(小谷光男委員長)が企画、運営した。地元JA、村商工会の農産物、飲食販売、刈羽小2年生が育てた大根の屋台、露店がにぎやかに並んだ。競技は刈り入れ後の10アールの田んぼに水を張り、ぬかるんだ土の中で旗取り、バレーボール、そりレースなどを行った。

 このうち、宝探しはあらかじめ点数が決められた3種類の形のこんにゃくを拾い、合計得点を競った。田んぼに渡した板を一輪車で渡るタイムレースでは、親子、夫婦、友人の2人一組が相次ぎ転落したり、素早く走り抜けたりして観客の笑いとどよめきを誘った。テレビの百周年記念番組収録でタレントの細川ふみえさんも参加。品田村長が操る一輪車に乗って会場を沸かせた。

 実行委ではこの日のために車体にイベント名を記したスクールバス3台を先月末から運行させ、PRした。小谷委員長は「田園風景の村の原点にかえって土に親しもうと取り組んだ。日ごろ地域行事に参加の機会が少ない中学生も、家族と一緒に参加してくれた」と笑顔で話した。

(2001/10/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。