PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
普段着の福祉活動を研究発表会で訴える

 今年で10回目の福祉教育研究発表会(市社会福祉協議会主催、市と市教育委員会共催)が14日、産文会館文化ホールで開かれた。市内の小・中学生の代表らがシンポジウムを行い、各校で行っている福祉やボランティア活動の様子を発表した。これに先立ち、交流校によるリズム体操が初めて披露された。

 シンポジウムは近藤康信・中鯖石公民館長がコーディネーターになり、福祉協力校、ボランティア指定校の別俣小、槙原小、東中の児童・生徒、柏崎養護さざなみ分校の教諭がシンポジストを務めた。「今、私たちにできる普段着の福祉ボランティア活動」をテーマに、それぞれが福祉施設の訪問やクリーン活動、リサイクル活動、親子ボランティア活動などを語った。 

 この中で、小中学生たちは「自分に何ができるかを考え、相手の立場になって行動することの大切さを知った」「難しいと思っていたボランティアが身近にできることを知った」などといい、さざなみ分校の教諭は「変化を苦手にしている子供にとっては特別メニューより普段着の交流の方が、落ち着いて楽しくできることが分かった」と述べた。

 近藤館長はシンポジウムを締めくくって、「地域の一人の人間として福祉、ボランティア活動は普段着で実践していかなければならない。活動を推進していく上で、家庭、学校、住んでいる地域の人間関係を大切にすることが、かぎだ」と助言した。

 この日は交流を続けている槙原小4年生、さざなみ分校の小学部がステージいっぱいに仲よくリズム体操を披露し、会場から大きな拍手を浴びた。

 席上、同協議会長表彰、福祉まんがコンクールの入賞・入選者の表彰が行われ、次の個人・団体をたたえた。

 【市社会福祉協議会長表彰】別俣小、槙原小、柏崎養護さざなみ分校

 【福祉まんがコンクール入賞・入選】最優秀賞=矢作充隆(二中1年)▽優秀賞=横田千尋(半田小6年)、土田恵(三中3年)▽入選=笠井彩子(北条南小5年)、富沢遥(同)、大掛綾平(新道小6年)、高橋久遠(同)、小玉美郷(田尻小6年)、渡辺一麦(鯨波小4年)、品田裕未(柏崎小6年)、海津陽弘(中通小6年)、鈴木萌子(別俣小3年)、神林貴広(北条北小5年)

(2001/11/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。