PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
高柳町の鯖石橋が28日開通

 老朽化により1999年度から3年継続事業で架け替え工事が進められてきた高柳町岡野町の「鯖石橋」が完成し、28日午後3時から供用が開始される。

 新しい「鯖石橋」は旧橋のイメージに合わせたコンクリート製アーチ橋で、長さ35メートル、全幅12メートル(片側に3.5mに歩道)。幅は旧橋の約2倍に広がった。鯖石橋右岸地域は地下水に恵まれず、消雪パイプの水は左岸の井戸で取水し、橋に取り付けたパイプで送水してきており、新しい橋にもこのパイプを埋設した。同時に橋の上にも水が出るようにした。総事業費は約4億8,000万円。今年秋には2分割で工場製作したコンクリート製アーチ部を両岸からつり上げ、合体させて橋台に設置する全国初の工法を採用した。

 供用開始に先立ち、28日午前10時から橋の右岸側で交通安全祈願祭と開通式が開かれる。テープカットに続いて、高柳保育園の子どもたちによるくす玉開き、黒姫神社神楽会による開通の舞の披露、参加者による渡り初めが行われる。

 「鯖石橋」は岡野町集落内で鯖石川の両岸を結ぶとともに、川磯、栃ケ原の両集落、特養「柏柳の里」の生活道路で、じょんのび村ファームハウスやこども自然王国への観光道路でもある。旧橋は県内初のコンクリート製アーチ橋として県近代化遺産に指定され、ツタがからみ、新緑や紅葉の季節によって趣(おもむき)を変えるなど町民に親しまれた。90年の連続地震で橋は大きな被害を受け、町は県に市町村代行事業での架け替えを要望した。

(2001/11/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。