PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「おもちゃのシンフォニー」子供たち共演へ

 「秋の夜長を室内楽で」と題した演奏会(柏崎室内楽を聴く会主催、市教委共催)が30日、産文文化ホールで開かれる。プログラムの最後では公募で集まった市内の子供たちが出演者とともに「おもちゃのシンフォニー」を奏でることになっており、このほどこの練習も行われた。

 同演奏会は元新日本フィルハーモニー交響楽団(新日本フィル)のメンバーを中心に、26年前にスタートした。その後は定期的に開かれるようになり、県内では、これまでに各地で約80回の公演が行われてきた。一流の演奏家による室内楽の演奏を通し、豊かな感情をはぐくみ、地域文化の振興に寄与している。

 主な奏者は新日本フィル・ティンパニー名誉首席奏者の山口浩一さん(指揮とティンパニー)をはじめ、バイオリン、ビオラなどのパートに合わせて5人。当日のプログラムにはモーツァルトやバッハ、ラヴェルらの名曲の数々が予定される。

 一方、フィナーレを飾る子供たちは、幼稚園児から中学2年生まで50人。太鼓やラッパ、トライアングルなど8つのパートを受け持つ。このほど比角小で事前練習も行われ、水笛で参加する同校3年・小林裕太郎君は「演奏するのは初めてなので、すごく楽しみだ」とにこにこ。指導の山口さんは「演奏にぜひ期待を」と話している。

 当日の開演は午後7時。入場料は前売り券が一般1,800円(当日2,000円)、学生800円(同1,000円)。チケットは市民会館、産文会館などで取り扱い中。

(2001/11/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。