PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
ソフィアの所蔵点数は23万点近くに

 市立図書館・ソフィアセンターが館内の蔵書点検を行い、このほど所蔵状況をまとめた。集計では図書や郷土資料、AV資料を合わせた総数は23万点近くに上った。このほか館内にはたくさんの特殊資料などがあり、これらを合わせると、実に膨大な量が収集・保存されていることが分かった。

 集計では総記や哲学・宗教など12分類に一般図書が153,811点、郷土資料が30,325点、児童図書が23,271点、貸出文庫が15,174点で、これら図書関係の合計は222,581点。

 一方、CDやカセット、ビデオなどAV資料が7,074点で、全体では229,655点を数えた。ほかに雑誌が5,130点、紙芝居が635点あった。

 前年同期に比べ、図書や雑誌、紙芝居が8,323点、AV資料が717点それぞれ増え、全体では9,040点の増加だった。この中には、市民からの寄贈もたくさんあった。ほかに館内には郷土新聞のマイクロフィルムをはじめ、古文書、絵はがき、軸などの特殊資料が保存されていることから、未整理分も含めると、9万点以上になる。

 図書類の分類別所蔵状況は次の通り。

 総記=11,807点▽哲学・宗教=9,229点▽歴史・地理=25,309点▽社会科学=37,066点▽自然科学=14,455点▽技術=14,096点▽産業=7,744点▽芸術・娯楽=18,569点▽語学=4,480点▽文学=38,606点▽日本現代小説=31,398点▽絵本=9,285点▽その他=537点

(2002/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。