PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
監禁事件・佐藤被告に22日判決

 三条市の女性(21)が小学4年生当時から9年2カ月にわたり柏崎市内で監禁されていた事件で、略取・逮捕監禁致傷などの罪に問われている市内四谷1、無職・佐藤宣行被告(39)に対する判決が22日、新潟地裁(榊五十雄裁判長)で言い渡される。犯罪史上前例がないとされる長期の監禁事件にどのような司法判断が下されるか注目される。

 昨年11月の論告求刑公判で、検察側は略取・逮捕監禁致傷と窃盗を併合した最高刑の懲役15年を求刑した。佐藤被告の犯行を「計画的で、自己の支配欲のために被害者を監禁し、暴行、脅迫を継続した。被害者には肉体ばかりでなく、筆舌に尽くしがたい精神的な苦痛を与え、家族の苦しみ、社会的な影響も大きい」とし、「冷酷、非情、鬼畜にも劣る犯行」と厳しく指摘した。

 一方、弁護側は医師3人が行った精神鑑定の結果を比較して「被告には他人には理解しがたい精神状態がある。責任能力は問えるものの、犯行時は心神こう弱状態にあった」「テレビを見せたり、運動をさせるなど被告人なりに被害者に配慮している」と主張。略取については「犯行が終了している」と免訴を求め、起訴された窃盗は「少額な1件のみで最高刑の5年と重くすべきでない」と罪刑の均衡を求めている。

 判決公判は午後3時から。

(2002/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。