PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
地域の良さアピールのグラフィテイ展

 柏崎地域ニューにいがた里創プラン推進協議会など主催で16日から、柏崎刈羽グラフィティ展が市民プラザで始まった。広域圏の住民から寄せられた写真や絵はがきなどがインターネット、プリントで公開されて柏崎刈羽の今昔を伝え、地域の良さをアピールしている。

 グラフィティ展は、同協議会が進めている里創プラン事業の一環。地域の資源の再発見や、地域のあるべき姿を見直すきっかけづくりを狙った。圏域内で今昔の写真など資料提供を呼び掛けたところ、戦前から1950年代を中心に、最近のものまで2,300点余りの協力が寄せられた。

 会場には、花見や海水浴などの風物詩、豪雪、油田、地域・学校行事などが多彩にインターネット上に、そしてプリントに出力されて公開された。画像取り込みなどに当たった新潟工科大4年の水野彰さん(22)は「取りこぼしのないように気を付け、かなり大変な作業だった。長岡の出身なので、柏崎の開発前の海岸の様子など歴史の一端が分かり、おもしろかった」と話した。

 同展実行委員会の西村徹委員長(42)は「短期間での募集にもかかわらず、たくさんから協力してもらった。自分の知らない地域の様子など興味深い写真がたくさんある。名刺作りコーナーなどもあり、パソコンの楽しさを知ってもらえたら幸いだ」といい、写真などを引き続き会場でも募集中とPR。

 併せて、先に行った公募事業の受賞作品の紹介をはじめ、ブロードバンドによるインターネット体験、電子郵便局、市内のパソコングループのコーナーなども。会期は17日まで、時間は午前10時から午後4時まで。午後1時半からテレビチャンピオン・初代アウトドア王の竹内範善さんの講演会「IT時代の地域づくり―本当のぜいたく再発見」。

(2002/ 3/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。