PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
教職員異動、柏崎は14校長・10教頭

 県教育委員会は25日、県内小・中学校の教職員異動を発表した。発令は4月1日。柏崎関係では学校に清新な気風を導入するため、適材適所に転配置するとともに、市内・外との広域的な交流を行い、14カ校の校長、10カ校の教頭が交代する。異動規模は校長、教頭、一般教職員を合わせて延べ279人になり、前年(275人)を若干上回った。このうち、比角小校長には広田文雄・上越教育事務所学校指導課長、瑞穂中校長には島宗善英・北蒲紫雲寺中校長が就任する。また、女性校長では上米山小の米山サダ子校長が転出、南鯖石小に三条井栗小の谷内悦子教頭が抜てきされた。

 刈羽郡関係では延べ98人(前年は60人)の異動が行われ、郡内小・中学校のうち、4校長、7教頭が代わる。

 柏崎地方の異動作業は県教委が中心になって行い、(1)管理職関係では小学校で比角、枇杷島、大洲、剣野、中学校で南中の合わせて5カ校の校長が退職することから、その後任人事をどうするか(2)一般教職員では人事の刷新を図るため、同一市町村、同一校の長年勤務者の解消などが課題になった。

 また、県教委では創意にあふれ、活力ある学校運営を目指し、(1)清新な気風を導入するため、情熱・行動力あふれる新人を採用する(2)全県的な視野に立って、広域的な観点で行う──などを考慮して調整してきた。

 これにより、市内の学校では11小学校、3中学校で校長が代わることになった。また、教頭は7小学校、3中学校で交代する。このほか市教委・学校教育課指導兼管理主事が新しく市外の校長に登用される。

 一般教職員では今年5人が退職し、代わって12人が新採用になった。

(2002/ 3/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。