PHOTOニュース

合併協定調印を行った鵜川振興協議会の関会長(右から3人目)、野田コミュニティ振興協議会の力石会長(同5人目)ら=14日、鵜川コミセン (2021/01/15)


飯塚鉄工所の軽井川工場。隣接地約1万8千平方メートル(写真手前)に新工場を建設する=柏崎フロンティアパーク (2021/01/14)


「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」の「合格祈願」セット (2021/01/13)

>>過去記事一覧
都道府県ジュニアバスケに三中・佐藤笑選手

 28日から3日間、東京体育館などで開かれる第十五回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会(日本バスケットボール協会主催)に本県女子選抜チームとして三中2年・佐藤笑選手が出場する。

 大会には代表48チームが出場し、予選リーグで、16強を選出し、トーナメント戦を行う。本県チームは初日の予選リーグで鹿児島、埼玉と対戦する。

 佐藤選手は小学5年生からバスケを始め、中学1年生から準レギュラーに、現在は168cmの長身を生かしセンターとして、三中女子チームを引っ張る。佐藤選手は8月の上越地区選考会を経て、9月の県選考会で選抜メンバー15人に選ばれた。

 三中女子バスケットボール部顧問の五十嵐真み子教諭は「佐藤選手はジャンプ力があり、センターとしてはよく走る選手」と評価する。佐藤選手は「試合ではプレッシャーに負けずに自分のプレーをしたい。リバウンドなら負けない」と力を込めた。

(2002/ 3/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。