PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
再スタートの森林公園で和紙の芸術

 1日から小国町の直営施設となった越後おぐに森林公園が27日に今シーズンの営業を開始し、午前7時から大橋町長らがテープカットを行って、再出発に心を新たにした。公園内の紙の美術博物館では、小国和紙による「小国の天地」展もスタートした。

 この日は早朝の開園式ながら、大橋町長、樋口町議会議長をはじめ、議員や地域の人たち、町職員ら大勢の人が集まり、入り口ゲートで花火を合図にテープカット。施設の町営化・一体化には町民、議会の間にいろいろな議論があったことを踏まえ、大橋町長はあいさつで「多くの人からいただいた意見と心配りをしっかり踏まえ、新時代に対応した公園づくりを進めたい」と決意を表明した。樋口議長は公園の地がかつて縄文人の暮らした場所だったことに触れ、「自然に返り、原点に返り、新しいスタートをしよう」と呼び掛けた。従業員の紹介と決意披露も行われた。

 紙の美術博物館では森林公園再スタートを記念して、同町と親交の深い東京の紙商・坂本直昭さん協力による紙展「小国の天地」が開幕。同町苔野島の中村英一さん、小栗山の片桐三郎さんの所で漉(す)かれた小国和紙を使い、坂本さんがイメージする小国の四季を表現した作品の展示で、夏草の勢いを表した「夏草炎々」、野を渡る秋風を感じさせる「秋思野々」など、独特な作風で圧倒。作品を前にして、議員の1人は「和紙の素晴らしさを改めて感じた」と話していた。「小国の天地」は入場無料。6月30日までの展示で水曜が休館。時間は午前10時から午後5時。

(2002/ 4/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。