PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
刈羽で12日にナターシャさんコンサート

 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で被ばくし、故郷への思いなどを歌うナターシャ・グジーさん(22)が5月12日、刈羽村生涯学習センター「ラピカ」でチャリティーコンサートを行う。収益は被災地の子供たちの支援に充てられる。

 コンサートは村内の実行委員会が開く。ナターシャさんは6歳で被ばくし、8歳のころから音楽学校でウクライナの民族楽器バンドゥーラを学んだ。チェルノブイリ避難民の子供たちを中心とする民族音楽団を経て、ソロ活動を行うようになった。透明な歌声と演奏は日本のステージで多くの聴衆を魅了している。

 開場は午後1時半、開演2時。ステージはチェルノブイリの現状について講話などをはさみ、2部構成。ピアノ伴奏も。入場整理券500円(当日同)。中学生以下は無料。柏崎市内ではポスター掲示場所などで取り扱い中。問い合わせは実行委の近藤ゆき子さん(電話45―3257)へ。

(2002/ 5/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。