PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
西山大崎で地引き網が復活

 西山町の大崎集落(阿部修総代)は1日、世代間交流、地域文化の継承を目指し、長浜海岸で地引き網を行った。昨年7年ぶりに復活した取り組みで、初夏の日差しが降り注ぐ浜辺は子供からお年寄りまで60人以上でにぎわった。

 この日は2度にわたり、沖合で仕掛けた網を浜で二手に分かれて引いた。板の両端の綱をロープに巻き付け引く道具を腰に当て、年配の女性が「腰で引くんだよ」と声を掛けると、児童は「綱引きみたい」と答えた。浜に引き上げた網にはキス、トビウオ、イナダなどがはね、魚を手に取る幼児の笑顔と歓声が弾けた。阿部総代や担当者は「お年寄りも子供も輝いて見える。海に面した大崎ならではの取り組み」と目を細めた。

 魚は集落施設で刺し身、空揚げ、塩焼きなどに調理し、全員で舌つづみを打った。集落では今後、町の助成を得て海岸近くの松並木やハマヒルガオ群生地の整備、民具作りなど地域文化の継承に取り組む。

(2002/ 6/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。