PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ボーナスは厳しい予想

 柏崎商工会議所は、4月末から5月にかけて会員事業所を対象に行った「夏季一時金(ボーナス)に関する意識調査」の結果をこのほど報告書にまとめた。それによると、厳しい景況を反映して下方シフトが一段と進む見通しとなった。

 調査はアンケートにより180社を対象に行い、そのうち140社が回答した(回収率63.3%)。支給予想額では基準内賃金の「0.5〜1カ月未満」の回答が最多の29.5%。次いで「1〜1.5カ月」(22.3%)が続いている。「0(支給なし)」も18.8%を占めた。

 昨年実績との比較では「昨年並み」が59.4%と過半数。しかし、「0.5カ月未満の減額」が21.7%で続く。「増額」と回答した事業所は2000年度は全業種合計で27社(19.6%)あったが、2001年度は19社(15%)に減少。今年はさらに減って5社(4.7%)だった。

 業種別では、減額回答は製造業が45.5%、建設業が40.7%。特に製造業では「1カ月以上の減額」とした企業が6社(18.2%)あり、業況の厳しさが見受けられた。規模別では、100人以上の企業は支給予想額「2〜2.5カ月未満」が中心。50〜99人、10〜19人規模では「0.5〜1カ月」、20〜49人、1〜19で「1〜1.5カ月未満」が多数を占めた。 

 支給時期については昨年度の「7月上旬」から、今年は「8月上旬」が最も多くなる見込みだ。

(2002/ 6/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。