PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発損傷隠しで3首長が抗議

 東京電力が柏崎刈羽原発などの自主点検記録を虚偽記載して、機器損傷のトラブルを隠していた問題で、平山知事、西川市長、品田刈羽村長は3日上京し、国と東電に対し、地元との信頼関係を大きく損なう事態だとして全容解明を強く申し入れた。

 3人は経済産業省で平沼赳夫大臣と会い、引き続き、県東京事務所に榎本聡明・東電副社長らを呼んだ。西川市長と品田村長は連名の申入書を提出し、平沼大臣に対しては、今回の不祥事が2年間も公表されないまま推移してきたことに抗議し、原子力安全・保安院の姿勢は厳しく検証されるべきと指摘した。また地域住民の不安解消を望むとともに、原発の「維持基準」の早急な整備と、これらの検査に第3者機関による認証を義務付けることなどを求めた。

 東電には「柏崎刈羽原発3号機のプルサーマル計画の実施の可能性をめぐり、真剣なやり取りの最中であっただけに、これまでの相互信頼と照らし合わせ、語るべき言葉を失う」と糾弾した。

 さらに両者に対して、機器損傷の疑いのある柏崎刈羽原発3基のうち、定期検査を前倒しして運転を止めた1号機だけでなく、2、5号機についても「住民の不安を解消するに足りる十分な措置」をとることを要請した。

(2002/ 9/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。