PHOTOニュース

市展のWEB展示場に向け、作品を写真に収める作業を行った伊部さん(右から2人目)、坂田さん(同3人目)=14日、ソフィアセンター (2020/09/30)


柏高生が文化祭で取り組んだ立体作品=東本町1のフォンジェ (2020/09/29)


新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)

>>過去記事一覧
遺跡発掘など縄文文化を体験学習

 「知ってる?剣野の古代(むかし)」──。市内の剣野コミュニティ振興協議会(関矢直会長)が21日、縄文文化ドリームツアープログラムの一環として、地区内の遺跡発掘体験、縄文土器づくりを行い、130人以上が参加した。

 同地区には、市指定文化財の剣野遺跡があり、柏崎発祥の地といわれる。ツアープログラムでは、子供たちが自分の住んでいる地域の歴史を学び、発掘調査に参加することで地域の変化に立ちあうことを狙った。また、多くの人と感動的な体験を共有し、地域の教育力の強化、コミュニティ意識の醸成を目指した。

 6月に長岡の県立歴史博物館で縄文文化の基礎知識を学び、この日がシリーズの第2弾。小学生から一般までが参加し、2班に分けて遺跡発掘、土器づくりを交代で体験した。このうち、発掘調査は国道8号バイパス建設工事の関係で発掘調査中の剣野B遺跡で行い、品田高志市学芸員らの指導を受けた。 

 参加者らがていねいに土を掘り、「これ何かな」「何かあるよ」と興味津々。黒曜石のやじり2個、石でできた錐(きり)をはじめ、多数の土器片が出土し、大きな成果を収めた。一方、土器づくりは三中選択社会科の教員、生徒が指導した。野焼き用の粘土、ろくろ代わりの葉を使い、器用に茶わんなどの形に整えた。

 親子で参加した竹内都さん(剣野小5年)は「粘土をこねて茶わんの形にするまで時間がかかり、難しかった。疲れたけれど、楽しい1日だった」、母親の節子さん(46)は「最初はごみかと思ったら、黒曜石のやじりと聞いてびっくりした。娘と参加できたことが一番の喜び。何だか縄文文化のことをもっと知りたくなった」と話した。

 次回は10月5日。剣野遺跡群の探索ウォークラリー、野焼きを行う。

(2002/ 9/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。