PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽原発1号機、県など初の立ち入り調査

 東京電力の原発トラブル隠しで、県・市・刈羽村と経済産業省原子力安全・保安院は4日、柏崎刈羽原発1号機(沸騰水型、出力110万k$ワット)の立ち入り検査を行い、シュラウド(原子炉内隔壁)で指摘されたひび割れの兆候を確認した。地元自治体の調査は東電との安全協定に基づくもので、1983年の協定締結以来初めて。来週中をめどに2度目の調査を行う予定だ。

 この日は、全燃料を取り出した原子炉内に遠隔操作の水中カメラを水深約19M$まで入れ、モニターを通してひび割れの兆候(インディケーション)2カ所を確認することができた。また、問題となっている再循環系配管の部位も確認した。県などは、点検記録、今回のビデオテープの提出、超音波探傷検査による確認などを要請し、情報を県民に提供するよう東電に申し入れた。

 自治体側の調査には、担当者9人と、アドバイザーとして宮健三・慶応大大学院教授、鈴木賢治・新潟大助教授も立ち会った。調査後、県原子力安全・資源対策課の小林幹夫課長は「GE(米ゼネラル・エレクトリック)社から指摘されている2カ所のインディケーションは確認したが、ひび割れとは断定できない」と語った。表面の汚れをブラシで落として目視したが、さらにこの作業を続けてから、再度調査する。

 アドバイザーの宮教授は「初めての試みで有意義だった。第3者も立ち会い、客観性、透明性があり妥当と思う」、鈴木助教授は「今後も継続し、国民、県民の信頼ある原子力行政を目指すことは評価できる」と語った。

(2002/10/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。