PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
24年ぶり帰国の蓮池さん、奥土さん柏崎へ

 1978年に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致され、24年ぶりに帰国した柏崎の蓮池薫さん(45)奥土祐木子さん(46)が17日午後、上越新幹線で新潟市を経由し、24年ぶりに柏崎に里帰りする。親類、友人、近所の人たちは再会を待ちわびている。

 蓮池さん、奥土さん、佐渡真野町の曽我ひとみさん(43)と家族らは同日午前、JR東京駅から上越新幹線で出発し、正午過ぎ、新潟駅に到着する。昼食を取った後、柏崎の2人と家族は市が用意したマイクロバスに乗り込み、北陸自動車道経由で里帰りする。市役所で西川市長が出迎え、本人が同意すれば市民会館大ホールで両親とともに記者会見に臨む。その後、それぞれの実家に向かう。

 2人の帰国後、柏崎の2家族は都内のホテルで蓮池さん、奥土さんを囲み、夕食、朝食をともにするなど和やかに過ごした。蓮池さんらは帰国2日目にして「ホテルはもういやだ」と話し、帰郷が待ち遠しい様子だった。2人は旧友、親せきに電話をして近況を聞くなどし、ふるさとでの再会を約束した。同級生らは「友だちと連絡を取り合い、出迎えに行きたい」「家族の許しが得られれば、会いに行きたい」と話すなど再会を心待ちにしている。

 市内土合の蓮池さん、同平井の奥土さんの実家前には16日までに市が歓迎の看板を設置した。また、平井町内会は集落入り口と自宅前に「おかえりなさい」の横断幕を掲げ、奥土さんの到着を待っている。

(2002/10/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。