PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
食と農と健康と教育の交流集会が11月

 第13回かしわざき食と農と健康と教育を考える大交流集会(同実行委員会主催)が11月10日午前9時から午後2時半まで市民プラザ・海のホールで開かれる。今年のテーマは「21世紀を健康に生きるために──ごはんが育てる子どもの心」。実行委は「かしわざき食と農と健康と教育を考える会」と「食といのちを考える会」で構成。市教育委員会、市小中学校PTA連合会など共催、市、市民生協、柏崎日報社など後援。

 当日は午前中、地元の調査発表と、岩手大名誉教授でカウンセラーの大沢博さんによる「ごはんで伸びる子どもの成績」の講演。大沢さんは食事が原因で起きる青少年の低血糖や心の荒れに注目し、コメとみその再認識を訴えていることで知られる。質疑応答の時間もある。午後からは希望者60人限定で講師との交流会。安全にこだわった農産品などの販売コーナーも開設する。

 前売り参加券は500円(当日800円)。市内の主要書店や柏崎日報社、事務局(高沢さん・電話23―6386)で取り扱っている。無料の保育ルームの利用は11月2日までに事務局へ。

(2002/10/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。