PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市の光ネットが始動

 高速・大容量の光ファイバー通信ケーブルで市の施設などを結ぶ「柏崎市地域行政イントラネットワーク」が6日から運用を開始した。初日は市役所でその記念式典が行われ、北条保育園の園児たちもオンラインで参加し、開通を祝った。

 このネットワークは、市が今年度新規事業として、NTT東日本の「スーパーワイドLAN(域内ネット)」を導入し、市役所、元気館、市民プラザ、小中学校など市・広域事務組合・観光レクリエーション振興公社の118カ施設を結んだ。スーパーワイドLANの行政ネットは県内最初。端末パソコンが約2,000台の大規模なシステムとなった。

 式典には関係者約60人が参列。西川市長は「これで基盤・骨格が出来上がった。あくまでもスタートラインであり、今後、民間も含めたネットワークがよりきめ細かくなって、骨格が生きてくる。いい意味でのツールとして役立ってほしい」とあいさつした。

 会場の大会議室には、通信機器や大型画面などが設置され、北条保育園との間で画像・音声のやり取りを披露。保育園では園児約70人が「きょうはおめでとうございます。光ファイバーすごい」と声をそろえ、画面の前で西川市長が「顔もよく見えるし、声も元気に聞こえましたよ」と答えた。続いて園児の歌や、園内に設けられている子育て支援室の様子も紹介された。また市民プラザを市役所に見立てて、庁外での住民票発行のデモを行った。

 柏崎市として初めて全市を網羅したこのネットは、最大100Mbpsの速度。基本となる光ケーブルはNTTが敷設し、市は約4,600万円で利用環境を整備した。当面は各施設での行政情報の共有化、市民への幅広い情報提供を目指す。市情報化関連業務受託共同企業体の代表は式典で、将来的な活用として、地元大学の公開講座中継配信や、電子自治体による住民手続き利便化などを説明した。

(2002/12/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。