PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
年賀状の受付スタート

 2003(平成15)年年賀状の受け付けが15日から全国の郵便局で一斉にスタートした。柏崎郵便局(小野寿二局長)では16日、柏崎中央幼稚園の年長児38人を迎えて初差し出しのセレモニーを行い、お正月気分を盛り上げた。

 この日は天候に恵まれ、しかも月曜日とあって、局のロビーは年賀状を手にした人たちでいっぱい。園児を前に、小野局長は「1月1日に間違いなく配達します。楽しみに待っていてね」と呼び掛けた。園児の代表がくす玉を割り、全員でお父さんやお母さん、友だちにあてた年賀はがきを専用ポストに差し出した。

 また、園児たちの歌の披露に局を訪れた人たちは顔をほころばせた。もちつきも行われ、園児たちが「よいしょ」「よいしょ」と大きな声で威勢をつけ、一足早くお正月の雰囲気。園児や訪れた人たちにつきたてのきなこもち、あんころもちが振る舞われた。

 今年、柏崎刈羽で販売中のお年玉つき年賀はがきはほぼ前年と同じ298万枚。景気低迷の影響か、好調だった前年に比較して全般にはがきの売れ行きの出足は遅く、「これから買い求める人も多いはず。早めの購入・早めの差し出しをお願いしたい」と同局では話していた。

(2002/12/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。