PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
平沼経産相が原発トラブル隠しを陳謝

 東京電力柏崎刈羽原発のトラブル隠しを巡り、平沼赳夫経済産業相が6日午後、柏崎市・刈羽村を訪れ、まず市議会の全員協議会に出席し、国の原子力安全規制の責任者としてトラブル隠しを陳謝した。昨年8月にこの問題が発覚して以来、経産相自らが地元におわびに来たのは初めて。経産相はその後、刈羽村に向かい、夜は、トラブル隠し伴う同原発の点検状況などについて同省原子力安全・保安院が市内で開く住民説明会に出席する。

 市会全協は、同じく原発点検状況などを保安院・原子力安全委員会と東電から聴くために開かれた。保安院説明の冒頭に平沼経産相があいさつし、「一連の不正問題の発生を未然に防止することができず、早い段階でお知らせすることもできなかった。柏崎市民、国民の原子力安全の信頼を著しく損なう結果になったことを真摯(し)に反省しなければならない」と述べた。さらに、柏崎が国のエネルギー政策に協力してきたことに言及し、「今回の不正問題がいかに市民の皆様の思いを裏切ることになったか察するに余りある。心からおわび申し上げたい」とした。

 また平沼経産相は、柏崎刈羽原発七基の中で唯一運転を再開した6号機について、機器のひび割れがなかったことなどから「安全上問題ないと判断した」と説明し、7号機も同様にひび割れがないことなどを挙げ、原子炉格納容器の漏えい率検査も良好な結果だったと述べた。

 ひびのある1-5号機については「一つひとつ安全確認を進めていかなければならない。その状況や結果を説明し、皆様方の安心が得られるよう引き続き努力していく」としたほか、「私もしかるべき時点で改めて地元に話を申し上げる機会を持ちたいと」と述べ、今後、1-5号機の運転再開問題で再度地元入りする考えを表明した。

(2003/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。